postheadericon 看板を汚さない

手羽先

フランチャイズ経営は他のお店の看板を借りて営業していきます。
そこで注意しなければならないのが看板を汚さないという事です。
あくまで看板は借りているもので、自分のものではないです。
つまり看板を汚したりするとフランチャイズ契約を解除されるおそれがあります。
そうなると看板を借りて営業できない事になりますので注意します。
責任を持って営業していく必要があります。
ただ、真面目に営業していけば看板を汚す事はないですのでそこまで心配しなくても大丈夫です。

研修に行く必要がある
定期的に看板を借してもらっているお店に研修に行く必要があります。
例えば新しい料理を出す事が決まった時に研修があります。
あくまで看板を借りているだけです。
ですので料理についても看板元のお店が決めていく事になります。
看板元のお店が新しい料理を出す事を決めればそのお店の看板を借りて営業しているお店も同じ料理を出す事になるので研修に行く必要があるのです。
その他にも定期的な研修が開かれる事がありますので、しっかり出席します。

postheadericon サポート体制の充実

尾酒屋のテーブル

また成功するフランチャイズの居酒屋では各チェーン店へのアドバイスやサポートも充実しています。
例えば収益があまり上がらない店に対しては適切なアドバイスを行うことで、今後の経営方針についてしっかりと話し合い対策をとっていきます。
そして独自の仕入れ先を開拓していることと専門の仕入れバイヤーがしっかりとサポートしてくれることで上質な食材を仕入れて、店側がお客様の期待を裏切らないものを提供できるようになっています。
その他お客様が自分で食材を焼くなどのセルフクック方式をとることで、人件費を削減する工夫をするなどの利益を上げるさまざまな方法をとっています。

利益を持たらす
居酒屋のフランチャイズ経営をしていくと利益をもたらしてくれます。
1からのスタートではなくて、既に人気がでている居酒屋の看板を借りての営業になります。
ですので、初めからある程度は利益がでます。
つまり、経営が安定するのです。
これは居酒屋を経営する時には非常に重要な事です。
まずは安定させていく必要があります。
もし、自分で初めからお店をつくるとなると経営が安定しない可能性もありリスクがあります。
そういったリスクがフランチャイズ経営ではないのです。

postheadericon 自己資金について

居酒屋の風景

居酒屋などのフランチャイズの経営をする場合には、しっかりとした開業の準備が必要です。
最初に出資する自己資金やその他の費用がかかり過ぎると、いくら儲かっても融資金の返金に追われたりして元が取れるまでに相当の期間がかかってしまいます。
そしてフランチャイズなどの飲食業界は流行り廃りも激しいので、いつまでも好景気を期待するわけにはいきません。
そこで自己資金300万円から開業が可能だというフランチャイズ店に注目が集まっています。

成功する経営方法
自己資金300万円からという低資金で開業が可能な理由は、店舗使用権と店舗設備の賃貸契約を結ぶ出店形式を用意したり、居ぬき物件を中心にフランチャイズを展開しているため設備投資や物件取得の費用がカットできるからです。
また自己資金300万円を用意することで、後の足りない開業費用などは融資を受けることが可能になっています。
そして長年フランチャイズを展開してきた経験とノウハウを生かし、居酒屋の出費に大きな割合を占める人件費や食材費・ロイヤリティを60%以内に納められるシステムを構築しているのも成功している経営の秘訣です。

カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
カテゴリー